【契約社員 年収300万】住宅ローン審査に通った!戸建てを手に入れるまで

家と空
  • URLをコピーしました!

今回は契約社員として働く私 セツパパが、紆余曲折しながら手に入れた念願のマイホームのお話しをしてみようかと。

今思えば「家を欲しい」と思いたってから、手に入れるまであっと言う間の1年だったのですが、その中にはちょっと悔しく辛い思いもしました。

ぜひ自分と同じように思い悩んでいる方の、後押しになれればと記事を投稿いたします。
この記事を読むと
・年収が低くても住宅ローンは組むことができる
・不動産業者は足元を見てくるので注意が必要
・賃貸・マンションに比べて戸建ての良い点・悪い点

が分かるように記載しました。

もちろん私個人の意見ですが、妊活中や子育て中で賃貸から戸建てに引っ越したいとお考えの皆様の参考になるよう、まとめていきたいと思います。

本ページはプロモーションが含まれています。

目次

この先の人生を賃貸物件で過ごすのか、購入物件で過ごすのか?!

ベランダと花

私セツパパは北の大地 北海道で暮らしています。

そんな自分が賃貸から購入物件に引っ越したいと思ったきっかけはこんなニュースを見た時でした。

「身寄りのない高齢の方が保証人もいないため、賃貸物件の審査に断られ、住む場所に困る」

そのときの自分といえば念願の一回り以上も若い嫁さんをもらい、子供にこそ恵まれていませんでしたが、幸せな毎日を過ごしていた時期だと思います。

このニュースを自分に置き換えた時に、

「男女の平均寿命からしても、妻との年齢差からしても、自分の妻は自分がいなくなった後、20年近くは1人で生きていくことになる。賃貸物件のままだと残した妻にいつまでも家賃の負担がかかってしまう…」

ちょうど結婚して1年が経過しようとしていた頃でした。

「中古の安い物件なら自分でも購入できないだろうか」

と考えるようになり、ネットの不動産サイトで良い物件がないか探し始めたのでした。

最初は不動産サイトで見る物件や間取りを見るのが楽しくて見ていただけだったのですが、夫婦で冷やかしにでも安いマンションを見学してみようとある日思い立ったのでした。

不動産屋に連絡して夫婦ではじめて見た物件は、地下鉄駅から近い500万円くらいのマンションでした。

築年数が古いため値段は安いのですが、場所は良いものの部屋も通路も汚く 間取が狭いのも難点でした。

「もし子供ができたらこれじゃ狭いな…」

そう感じたの覚えています。

戸建てかマンションか?!

雪の道路

中古マンションを見学して思ったことは、買うなら戸建ての方が良いのではないだろうか、ということでした。

ただ戸建てで一番気になったデメリットはなんといっても「除雪」でした。

これを読んでいる雪の無い地方の方はピンと来ないかも知れませんが、北海道では多いとき一晩で20-30cmも積もることもあるのです。

冬に毎晩(毎朝)1時間も除雪することを考えた時に、戸建てなんて持って大丈夫だろうか…?

マンションならロードヒーティングといって電気や灯油で熱を作り雪を溶かしてくれる地面があるし、その方がよいのでは…?

ただネットの不動産サイトで調べていくうちに、マンションはたとえ物件価格が安くとも、その他に毎月「修繕積立費」や「駐車場代」「管理費」が発生することに気付いたのでした。

あたり前ですがこれらの費用は住宅ローンが完済したとしても、住み続ける(駐車場は借り続ける)限り毎月払わなければいけないお金です。

ロードヒーティングやエレベーターがあるマンションだと当然ですが管理費も高くなります。

もし住宅ローン返済が毎月4万として、更に「修繕積立費」や「駐車場代」「管理費」で4万かかるのなら、戸建てで考えると8万円払うのと同じではないのか?

マンションは戸建てに比べ立地がよいことがメリットになりがちですが、逆に駐車場代は駅から近いと値段が高い傾向にあることにも気づきました。

それに比べて戸建てであれば基本 住宅ローン以外にこれらの費用は発生しません。

「修繕積立費」に関しては住宅のメンテナンス費用として日頃から貯蓄していく必要はありますが、「駐車場代」は無料ですし「管理費」ももちろんありません。

両方を天秤にかけた時に除雪のデメリットよりも、マンションのデメリットが大きく感じ、さらに一軒家というカッコよさが決め手になり、一軒家に絞り込んで探してみよう!と自分の中で決まったのでした。

セツパパ

やっぱり 一軒家は男のマロンだからね~、どう?

セツママ

もちろん賛成だよ


いざ、物件選びへ

新築住宅

それからは良い物件を探して、夫婦であちこち探し回りました。

ただ物件の下見を依頼する不動産屋によっては「契約社員」であることを伝えると、露骨に態度が悪い業者もいました。今思えば「お前達住宅ローン審査が通るのか?」と思われていたのでしょう。

ただその感じの悪い不動産業者から1つだけ良い情報を聞けました。

東北にある地方銀行「みち〇〇銀行」が北海道に進出してきたので、顧客を得るためキャンペーンで金利が優遇されているとのことでした。

また とある中古住宅専門店業者では 物件を紹介されたあと、まだその物件で決めてもいないのに

「どのくらいの金額の住宅ローンが通るか確認しましょう」

ということで、その日見学した物件でローン会社に審査を依頼しはじめたのです。

もちろん

「どれくらいの金額の審査が通るかを知るため」

であって、通ったとしても今日見学した家を買うわけではないとのことでした。

審査が通るには数日かかるのですが、その日に勧めてくるのは自分が提案した予算を遥かに上回る返済額の住宅ローンシュミレーションでした。

金利も高かったことを記憶しています。

業者の言い分としては、家を買うのだから今の家賃よりもう少し頑張って月1~2万多く返済していきましょう、という提案でした。

その日は販売価格が高いだけあってキレイにリフォームされた物件を内見(見学)した直後でしたので、

「不動産業者のいうことも一理あるな、夢の一軒家が手に入るのならプロの言う通りにしてみようか」

と一瞬 考えてしまったのを覚えています。

それも今思えば 不動産業者にしてみれば

「売ってしまえば、あとは客がローン地獄になろうと自分には関係ない」

そんな考えだったとわかります。

購入後に知ったのですが不動産業者の口車に載せられて購入し、ローンが返済できずせっかく手に入れた家を手放す、そんな方たちがなんと1割近くもいると聞きます。

そういう方たちの例では、奥様の給料も当てにしてローンを組み妊娠や出産で働けなくなり予定が狂った。

旦那さんの給料は上がることはあっても下がることはないと考え無理なローンを組み、不景気に煽られて予定が狂ったり….。

最近はリーマンショックやコロナ禍と言われるような「100年に一度の危機」は「10年に一度」は起こっているという意見もあるようです。

結果審査は合格だったようですが、つくづく自分は高い金利のローンを言われるままに、あのとき組まなくて良かったと思います。

セツパパ

帰宅して冷静に考えたら、他の不動産業者での物件も見てみようと

セツママ

家買うことに慣れている人なんて そうそういないから惑わされても仕方ないよね

ついに見つけた!My Best House

半年ほど夫婦でいろんな物件を見ました。ほとんどは中心部から車で1時間以上かかる物件で、JR駅からも徒歩15分以上かかる場所の家ばかりでした。

セツパパ

閑静な住宅街ってやつだね

セツママ

それ以外 褒めようがないからでしょ

中には1つだけ良いと思う物件もあったのですが、他にも検討しているご夫婦がいるとのことで こちらが住宅ローンでまごついてる間に、そちら夫婦は現金一括払いとのことで先に取られてしまいました。


そんな中 毎日チェックしていた不動産サイトに申し分のない物件が新たに掲載されていました。
物件探しも少し慣れてきたころだったので、スピードが大事であることは分かってきていました。

その物件は不動産会社がリフォームを済ませて売っている今まで見てきたような家ではなく、個人 対 個人で不動産会社を仲介にして売買をする形態の物件でした。

不動産会社に物件を見つけたその日に連絡を取り、家を内見(見学)する打ち合わせが決まりました。

家の内見は「自分」「売り主さん」「仲介不動産」三者が集まるのですが、急遽 妻の父母も参加することになり、とにかく自分は緊張したのを覚えています。

見つけた家は築年数は浅くないものの、幸いなことに売主さんが建築会社の社長さんだったため 装も内装もある程度リフォームがされていて、壁も外壁もしっかりしている建物でした。

JR駅8分、バス停3分。スーパー2分、中心部まで車で30分と今まで見た物件とは格段に利便性が良いのでした。

特に妻は広いキッチンに一目惚れしたようです。

都市ガスではないこと、駐車場が狭いことはデメリットではありましたが、完璧な物件なんてどこにもなく どこか妥協しないと見つからないことは分かっていました。

夫婦で1日相談をし、この家を購入することに決めました。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次