iPhone・スマホ

基本料0円対決!【Rakuten UN-LIMIT VI】vs【povo2.0】デメリットが多いのはどっち?

rakutenVSpovo

通信会社から基本料が0円という破格のプランが2社から出されています。

1つは以前から提供されている楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」、もうひとつは2021年9月末にスタートしたauの「povo2.0」

どちらも基本料0円を掲げていますが、プラン内容はまったく別物

結論からいうとコスパを比較して考えた場合、エリアの問題がないのであれば楽天モバイルがおすすめということになります。

せっかく出てきた各社の激安プラン。聞いてはいるけど どこのプランが良いのかイマイチわからない….。
でも高いスマホ代金は安くしたい!

そんな声にお答えできるよう、今回も通信業界に勤める私 セツパパが両社の0円プランを徹底比較!
あなたに合った最適プランの選択方法を解説致します。

【Rakuten UN-LIMIT VI】と【povo2.0】の特徴

楽天モバイル【Rakuten UN-LIMIT VI】 の特徴

楽天モバイルの【Rakuten UN-LIMIT VI】プランは月間の利用通信量が1GBまでなら基本料は無料!
月間1GBを超えても3GBまで1,078円・20GB まで2,178円・20GBを超えると無制限で3,278円となっています。
各段階制で料金が決まる仕組み、ということになります。

通話に関してはRakuten Linkアプリを利用する必要がありますが、基本料金に含まれており国内通話は何分でも何回でも無料です。

また2021年8月末より開始された新オプション「10分(標準)通話かけ放題」(1,100円/月)が始まりました。
このオプションを追加するとRakuten Linkアプリを使うことなく、OS標準の電話アプリで1回10分以内の国内通話がかけ放題、国内SMS(ショートメール)の送受信が使い放題となります。

SMS=ショートメール とは:電話番号宛てで送受信するメール。1通あたり全角70文字以内までとなり、写真等は添付できない。

コグマ

ねえパパ、OS標準の電話アプリってなーに?

セツパパ

iPhoneやスマホ(Android)で初めから入っている電話アプリのことだよ

コグマ

OS標準の電話アプリがあるのに、楽天LINKアプリを毎回使うのはめんどいなぁ..

セツパパ

確かにそうだね。
でもそのおかげで「国内通話無料」なんだよ

もし 毎月1GB以下しかデータ通信を使わないなら、電話かけ放題で毎月0円!
これは他社にない大きなメリットだね

コグマ

国内SMS(ショートメール)の送受信が使い放題っていうのはめずらしいの?

セツパパ

他社だとかけ放題オプションに入っていてもSMSは通常 送信に1通3.3円かかるんだ

でも楽天モバイルは楽天LINKアプリを使うと国内通話だけでなくSMSも無料になってお得だよ
「10分(標準)通話かけ放題」 のオプションを追加すると、 楽天LINKアプリを使わなくてもSMSが無料になるよ

Rakuten UN-LIMIT VI
楽天モバイル UN-LIMIT(アンリミッド)プランの デメリットをメリットに変える方法すべての人に最適なワンプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は 果たして本当か?レビューします。 節約パパ的 裏ワザな 使い方も披露!評判は?...

au【povo2.0】の特徴

auから2021年9月29日、新たに始まった新プラン「povo2.0」
それまで提供されていた「povo1.0」の新規受付を終了し入れ替わりで始まりました。

こちらは楽天モバイルを意識してか、同じように基本料金が0円となっています。

セツパパ

ここではpovo2.0について大まかにお伝えするよ

コグマ

詳細は前回の記事「au【povo2.0】 0円運用できる?デメリットは?」御覧ください

povo2.0
au【povo2.0】 0円運用できる?デメリットは?2021年9月末に現状の「povo」が早くも新規受付は停止となり、新たに「povo2.0」というプランがスタートします。 「povo2.0」が発表されて驚いたのは 基本料金が0円 ということ。 ...
セツパパ

povo2.0の特色はなんといっても、基本料金が0円の他に「トッピング」という考え方だね

コグマ

auのエリアが使えるから安心だね

【Rakuten UN-LIMIT VI】と【povo2.0】 の比較表

 楽天モバイルau
プラン名Rakuten UN-LIMIT VIpovo2.0
データ利用量0GB~1GB:0円/月0GB:0円/月
 トッピング1GB:390円/7日間
1GB~3GB :1,078円/月トッピング3GB:990円/30日間
3GB~20GB:2,178円/月トッピング20GB:2,700円/30日間
20GB~無制限:3,278円/月トッピング60GB:6,490円/90日間
 トッピング150GB:12,980円/180日間
 24時間使い放題:330円/24時間
高速データ容量
超過後の速度
楽天エリア通信無制限のため該当なし
※パートナーエリア時:1Mbps
最大128Kbps
国内通話楽天LINKアプリで完全かけ放題30秒あたり22円
かけ放題オプション10分かけ放題:1,100円/月5分かけ放題:550円
完全かけ放題:1,650円
SMS楽天LINKアプリ or
10分かけ放題オプションで無料
送信:3.3円
申込WEB・店頭 ともに可WEBのみ可
メールアドレス2021年内に提供予定提供なし
eSIM対応対応可対応可
海外ローミング2GBまで無料提供予定(詳細不明)
テザリング利用可能(オプション不要)利用可能(オプション不要)
留守番電話無料提供なし
転送電話無料 (転送時は通話料発生)提供なし
LINE年齢認証可能非対応
セツパパ調べ ※価格は税込
コグマ

プラン内容だけで比較すると、楽天モバイルのコスパが優位だね

【Rakuten UN-LIMIT VI】と【povo2.0】 のデメリット

Rakuten UN-LIMIT VIのデメリット

  1. 使えるエリアがまだ狭い

    楽天モバイルを契約する際に一番気になるのはエリアでしょう。少なくとも自分の行動範囲内が楽天エリアかは確認してから契約しましょう。
  2. 通話時やSMSで楽天LINKアプリを使うのが面倒、かつ音質がイマイチ

    10分(標準)通話かけ放題 オプションを追加すると解決できますが、追加で月額1,100円かかります。
  3. 店頭申し込み可能だが、まだ店舗が少ない

    2021年5月時点の情報で楽天モバイルは全国600店舗ほど。

    都心部の郵便局内であれば楽天モバイルショップが続々オープンしていますが、それでも各既存キャリアは全国で2000店舗以上あるのでまだまだ及んでいません。

povo2.0のデメリット

  1. 定期的にトッピングを購入しないといけない、かつ利用可能期間(消費期限)がある

    基本プランだけでは高速通信できないので、データ通信する方は定期的にデータのトッピング購入が必要です。

    また、各トッピングのGB数に応じて、利用可能期間(消費期限)があります。
    例えば1GBのトッピングなら7日間と決まっており期間内でしか利用できません。
  2. SMS送信は(かけ放題をトッピングしても)3.3円料金が発生する

    かけ放題のトッピングを付けてもSMS送信料は無料になりません。
  3. 店頭での申込ができない

    povoの申し込みはオンライン限定となり店舗でのサポートがありません
  4. 留守番電話・転送電話・LINE年齢認証・メールアドレスの提供がない

    比較している楽天モバイルのサービスでは、これらは基本 無料で利用できるため見劣りしてしまいます。

  5. 180日以上有料オプションを購入しないと解約になるかも知れない

    これはKDDI・povoのホームページに以下記載があります。
    よって電話の待受専用として等、0円運用はできないことになります。

180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

引用:KDDI

【Rakuten UN-LIMIT VI】と【povo2.0】 のまとめ

ずばりコスパとデメリットを並べ上げた厳しいレビューとなりましたが、皆さんはどちらのプランが気になりましたか?

・エリア問題と通話にアプリを使うことが気にならないならコスパの良い「楽天モバイル」

auの安心エリアを自分好みにカスタマイズして利用できる「povo」

各通信会社の格安プランも出揃って今がまさに乗り換え時です。

皆さんの節約にお役に立てると幸いです。

コグマ

最後まで読んでくれて ありがとうございました

【楽天モバイル】