iPhone・スマホ

スマホの電話帳データをBluetoothで新しいスマホに移行する手順【自分でできる!】

スマホを機種変更するとき、新端末に電話帳データの移行(コピー)って結構大変ですよね。

できればアプリ等を使わず端末の機能だけでデータ移行したい、ってなときもあると思います。

そこで今回はAndroid端末からAndroid端末に、電話帳(アドレス帳)をBluetooth通信を使って移行する方法をご紹介します。

Bluetoothの機能を搭載していないAndroidスマホはほとんどありませんので、その点は安心ですよね。

通信業界に勤める私 セツパパが、今回はBluetoothで電話帳を行する手順を詳しく解説致します。

連絡先だけならBluetoothがおすすめ

Android端末からAndroid端末に機種変更するとき、ほとんどの方は旧端末から新端末へデータの移行をしますよね。

連絡先以外に写真等も含めて移行するのなら、以前このブログで紹介したGoogleアカウントを使った方法がオススメです。

しかしながら、Googleアカウントを利用できない場合等を考えて、今回はBluetoothで電話帳を移行(コピー)する手順を紹介します。

Androidスマホの電話帳をGoogleにバックアップする手順スマホって生活に欠かせないものですが、突然壊れて使えなくなったり、もしかしたら明日 紛失するかもしれませんよね。 そこで今回はAndroidスマホをお使いのママ パパにおすすめする電話帳バックアップ、Googleアカウントへの同期方法を紹介します。...
AndroidからiPhoneに電話帳移行する方法Googleアカウントに同期した電話帳と写真データを、iPhoneに取り込んでみましょう。...

なお、Android端末はメーカーや機種、OSバージョンによって画面操作が異なります。

ご利用のAndroid端末によっては、この後 紹介する同様の文言の項目がないことや、違う箇所に同様の項目があることがあります。

ただ大まかな手順はどのメーカー・機種も同じですので、本記事を参考にしながら同様の項目を探していただくようお願いします。

また、今回はAndroidスマホと、Androidスマホ間での操作手順となります。

iPhoneにもBluetooth機能はありますが、連絡先をまとめて移行することはできませんのであらかじめご了承願います。

ペアリング(ペア設定)をする

この後の手順を案内する際の各端末を表す言葉として、電話帳データの移行(コピー)端末 移行(コピー)端末という表現をします。

操作の際は2台の端末を間違わないようご注意下さい。

コピー端末(旧端末)

コピー端末(新端末)

ステップ1:

画像①② > コピー端末コピー端末ともに歯車マークの端末の「設定」に入り、「新しいデバイスとペア設定する」を選択しBluetoothをONにします。

※機種によってはBluetoothの項目で「他のデバイスに表示」といった項目をONにすると周辺機器に端末名が表示される機種もあります。

画像③ > 各機種のBluetoothで周辺デバイスを検索すると、コピー端末にはコピー端末の機種名が、コピー端末にはコピー端末の機種名がそれぞれ表示されます。

各機種で該当機種名をタップします。

画像④ > Bluetoothバージョンにもよりますが、数字の入力を求められた場合は任意の数字を決め、同じものをコピー端末コピー端末に入力すればOKです。

「連絡先と通話履歴へのアクセスを許可する」と表示された場合は許可しておきましょう。

それぞれの端末に相手機器の機種名が表示されればペアリング完了です。

【PR】お手持ちの端末を様々なトラブルから守る保険

データを送信する

ペアリング設定が終わったら次はデータを送信します。

まずはコピー端末にて「連絡先」アプリを起動します。

「電話」アプリからも「連絡先」に進むことができますが、機種によって「電話」アプリから入る「連絡先」と、直接「連絡先」アプリを起動した場合とでは画面が違うことがあります。

必要な項目がないことがありますので、連絡先アプリを直接 起動しましょう。

電話帳開いたら、メニューボタンをタップします。

メニューどのメーカーもだいたい「三」or「︙」で、四角(よんすみ)のどこかにあります。

このあとは、機種のメニュー項目によって少し操作が異なります。

パターン1:「共有」項目がある場合

メニューから「共有」をタップし、「すべて選択」します。

コピー先端末をタップしたら今度はコピー先端末の操作です。

下の「データを受信する」から初めて行きましょう。

パターン2:「共有」がなく、エクスポートがある場合

電話帳アプリに「共有」機能が見当たらない、もしくは連絡先件数が1000件以上のため共有では転送エラーになるときの方法です。

連絡先データをエクスポートでいったん内部ストレージに保存して、1つのまとまったデータとしてBluetoothで送信しましょう。

機種によって画面は異なりますが、メニューからそのままエクスポート項目がある場合と、画像のように設定に進むことで、エクスポートがある場合があります。

またエクスポート時にデータを選択せずとも全件データをエクスポート保存する機種と、作業の途中でエクスポートしたいデータをタップして選択する機種があります。

保存する際のファイル名はこのあと転送する際に選択しなければいけないため覚えておきましょう。

保存が終わったらGoogleフォルダにある「files」を起動します。

filesアプリがないときはPlayストアから「files」で検索しインストールして下さい。

内部ストレージの下にある該当ファイル名を長押しして選択状態にします。

画面に上部に表示される共有ボタンをタップしBluetoothを選びます。

ペアリングが終わっていればコピー先端末の機種名が表示されますのでタップします。

データを受信する

上記Bluetoothで送信操作が終わりましたら今度はいよいよ新端末、コピー端末の操作になります。

すでにコピー端末にはコピー端末から受信した連絡先データの通知が来ているはずです。

もし通知画面が消えたしまった場合は画面上部より、通知を下に下ろすと表示されます。

受信を許可(承諾)しましょう。

許可するとデータが受信され受信後結果が表示されます。

受信したデータ名(ファイル名)をタップすると連絡先に取り込むことができます。

なお、.vcfファイルを開くことができるアプリが連絡先アプリ以外に複数あるときは、どのアプリにデータをインポート(取り込み)するか選択画面が表示されます。

連絡先アプリを選択しましょう。

以上で作業は終了です。

連絡先アプリを開いてデータがあるか確認しましょう。

パソコン・スマホ・タブレット設定・修理をまとめてサポート!全国対応 G・O・G

【2022後期 徹底比較】格安SIMはどこが一番おすすめ?iPhone・eSIM対応可否表「格安SIMってたくさんあるし、なんだか複雑で分かりにくいな」そんなあなたのために通信業界に勤める私 セツパパが、知名度も高くてオススメできる格安SIM会社の推奨プランをセレクトしました。...