iPhone・スマホ

iPhoneでショートメールが未配信と赤く表示。着信拒否されてる?送れないのはなぜ。

iPhoneでメールを送る女性

iPhoneにある緑色に白い吹き出しマークの「メッセージ」アプリ。

このアプリでメールを送信すると「!」「未配信」と表示されて困ったこと、ありませんか?

このApple社のメッセージアプリ、実はいくつもの種類のメールができるんです。

ちょっと難しいのですがこの仕組さえ理解できれば、もうエラーに悩まされることはありません。

この記事を読むとiPhoneにあるメッセージアプリの仕組みと、エラーになる原因がわかります。

通信業界に勤める 私 セツパパが詳しく解決いたします。

※本記事の動作検証はiOS15にて行いました。

iPhone メッセージアプリとは

iPhoneに始めからインストールされている「緑色に白い吹き出しのアイコン」これはApple社提供の「メッセージ」アプリ。

このアプリはSMS(ショートメール)やiMessage、そして利用しているキャリアによってはMMS(キャリアメール)が利用できます。

そう、たった1つのアプリですが少なくとも2つ、通信会社によっては、3つものメールサービスで利用することとなるのです。

ですので、未配信(!)でエラーになっているといっても、

どのメールサービスを利用しようとしているのか?
もしくは
どのメールサービスで送りたいがエラーになっているのか?

が解決には重要になってきます。

日本ではメッセージアプリで一番需要が高いのが、おそらくSMS(ショートメール)でしょう。

その次がApple社が提供するiMessage。

最後はソフトバンクやauの利用者が使えるMMS(キャリアメール)でしょうか。

特徴を表にまとめてみましたので、ご覧ください。

●iPhoneメッセージアプリでできるメールサービス一覧

 宛先特 徴添付件名使う通信
SMS
ショートメール
Cメール
電話番号テキスト(文字)のみ送受信可。
送信時70文字3円(3.3円)
最大文字数全角670文字まで。
通話回線
iMessageEメールアドレス
電話番号
Apple社製デバイス(iPhone・iPad他)間でしか送受信できない。
Apple IDのメールアドレスや電話番号を宛先に使える。
データ通信
(Wi-Fi可)
MMS
キャリアメール
ソフト
バンク
Eメールアドレス
      @softbank.ne.jp
電話番号
電話番号でもMMS送受信できるがその場合は、ソフトバンク間のみ。データ通信
(Wi-Fi可)
a uEメールアドレス
@ezweb.ne.jp
@au.com
メッセージアプリかメールアプリ、どちらでも利用可能。データ通信
(Wi-Fi可)

※ドコモはメッセージアプリでMMSメールをしないため記載していません。
※楽天モバイルは2022年3月現在MMSメール未提供。(今後提供予定とのこと)

まずはご自身がどのメールで送信しようとしているのか、もしくは送信したいのか、を確認しましょう。

なお、MMS か SMSで送信すると吹き出しの色が緑色。

iMessageで送信すると吹き出しの色は青色となります。

エラーの出ている吹き出しの色を確認することで、

SMS or MMSで エラーになった
のか
iMessageで エラーになった
のかが分かるという訳です。

あなたがエラーになった送信したいメールはSMS、MMSですか?

それともiMessageでしょうか。

利用しようとしているメールが分かったら、あとはそれぞれ次の項目へ進みましょう。

①ショートメール(SMS)で送信したい方

②iMessageで送信したい方

③MMSキャリアメールで送信したい方

ちなみに

各通信キャリアのメールサービスと使うアプリ

ソフトバンクが提供する @i.softbank.jp のメールはMMS(キャリアメール)ではありません。

これはEメール(i)といってソフトバンクのiPhone(iPad)利用者のみ利用可能です。
Eメール(i)はiPhone標準メールアプリを利用します。

※楽天モバイルは2022年3月現在MMSメール未提供。(今後提供予定とのこと)

着信拒否した連絡先」に登録されるとどうなる?

相手側で着信拒否設定されているから「未配信」になっていると考える方がいるようです。

ですがそのようなことはありません。

相手側(送信先)に電話番号やアドレスを着信拒否登録されていたとしましょう。

この場合でも、送信者側の画面では通常通り送信した状態となり、未配信にもエラーにもなりません。

iMessageのときは送信されたまま、いつまでも「配信済み」になりません。

当然、相手側(送信先)にはメールも届きません。

結論、着信拒否登録されていたとしても送信者側では分からないのです。

①ショートメール(SMS)で送信したい方

①ショートメール(SMS)で送信したい方

SMS(ショートメール・Cメール)の特徴は、宛先を電話番号にして、テキスト(文字)のみ送受信が可能。

件名や、添付ファイルは利用できません。

送信時70文字で3円(3.3円)かかり、最大文字数全角670文字まで送信可能。

電話番号宛にSMSで送信したいあなたは、エラーにならないよう以下の点に気を付けましょう。

なお、SMSやMMSしか利用せず、iMessageを利用しないって方は、iMessageをOFFにしておくとトラブルが少なくなります。

格安SIMを利用の方で通話プランを付けずに、データ通信専用SIMを契約しているとSMSができないことがあります。

この場合、オプションを付けないとSMSは送受信できません。

  • 通話ができるか確認する。

SMSで通話回線で送信するメールなので、電話ができるか確認します。

iPhone電波 ピクト表示

iPhone設定 メッセージ画面

iMessageをONにしている場合「SMSで送信」もONになっているか確認する。

※iMessageがOFFの方は「SMSで送信」の項目はありませんので確認する必要もありません。

iPhone メッセージ画面①

件名を入力しているとSMSでは送信できません。

件名を空欄にして送信するか、設定>メッセージで件名を非表示(OFF)にしておきましょう。

iPhone メッセージ画面②

添付ファイルがあるとSMSでは送信できません。

添付ファイルを削除して送信しましょう。

端末を変更した時は返信をせず、新たに電話番号を入力して送信すると、送信できることもあります。

SMSしか利用しない(iMessageやMMSを利用しない)方にオススメの設定があります。

iMessageとMMSメッセージをOFFにしておくと、件名の欄が表示されず、添付ボタンも活性化しません。

間違ってテキスト(文字)以外を入力することを防げます。

70文字以上だとエラーになる?!

数年前までSMSはどのキャリア(通信会社)でも、全角最大70文字までしか送信できませんでした。

しかし2019年、各キャリアにて70文字以上(最大670文字まで)送受信できるようにSMSの仕様が改良されました。

iPhoneの場合70文字を超えると自動的に2通分の料金で送信し、それ以降も50~70文字ごとに裏で分割して送信するようになりました。

送信者側でも受信者側でも70文字以上であっても連結して表示されるため、1つの吹き出しになって見え、分割されていることを意識することはありません。

ただ、50~70文字ごとに3円(3.3円)送信者側に通話料(通信料)が発生します。

②iMessageで送信したい方

②iMessageで送信したい方

iMessageはApple社が提供するメッセージサービス。

特徴は登録してある電話番号やEメールアドレス(Apple ID等)を宛先として送受信できることにあります。

ただしApple社製デバイス(iPhone・iPad・MAC等)間でしか送受信ができませんのでAndroidのスマホの方とはメールをできません。

iMessageで送信したいあなたは、エラーにならないよう以下の点に気を付けましょう。

データ通信ができる。(インターネットができる)

iMessage設定画面

iPhoneでお互いにiMessageをONにしている。

※相手側(送信先)もiMessageをONにしていないと、iMessageでは受信できません。

相手側(送信先)iPhoneにてiMessageの送受信アドレスに、該当の電話番号もしくはEメールアドレスが登録されている。

※このiMessageの「送受信」画面で、左にレ点が付いている電話番号やEメールアドレスが、他のiPhone(iPad)から送信する際の宛先として利用できます。

相手側iPhoneにて、宛先が登録されていない場合、iMessageで送っても「未送信」「!」になります。

iPhone設定 メッセージ画面

なお、宛先が電話番号で、送信元端末のiMessage設定が「SMSで送信」がONになっているとします。

このような場合 相手側(送信先)でiMessageが受け取れない状況であれば、自動的にSMSに切り替えて送信をしてくれます。

相手側(送信先)がiPhoneからAndroidスマホに機種変更したときも、iMessageは利用できなくなります。

また前述の相手側(送信先)iPhoneであなたの情報が着信拒否に登録されている場合もiMessageは届きません。

送信者側の端末では送信されたまま、いつまでも「配信済み」になりません。

③MMSキャリアメールで送信したい方

③MMSキャリアメールで送信したい方

この③章はau・ソフトバンク利用者限定の章となります。

MMSキャリアメールを利用して送信できないときです。

au利用者

MMSメールとは○○@au.com・○○@ezweb.ne.jp、のアドレスを指します。

auではiPhoneでMMSキャリアメールを利用する場合、iPhone標準メールアプリか、メッセージアプリどちらか好きな方を選択することができます。

各通信キャリアのメールサービスと使うアプリ

まずそもそもMMSキャリアメールを、

メッセージアプリで利用しない

という方はMMSメールをOFFにしておくと、SMSやiMessageを利用する際にトラブルが少なくなります。

また、メッセージアプリはEメールに特化したアプリの作りなっていないので、使い勝手が良くありません。

MMSを利用するのであればiPhone標準メールアプリがオススメです。

メッセージアプリで送信できないときは、iPhone標準メールアプリに切り替えるとよいでしょう。

ソフトバンク利用者

MMSメールとは〇〇@softbank.ne.jpを指しますが、ソフトバンクでは電話番号もMMSアドレスの宛先にすることができます。

ただし電話番号でのMMSメールができるのはソフトバンク端末どうし(ソフトバンク端末の間)だけ。

よってお互いがたまたまソフトバンクだったりすると、電話番号で送信する際に件名を入れたり添付ファイルを付けても(MMSをONにしていれば自動的に切り替わるので)問題なく送受信が可能です。

ただそのことによって

「電話番号(SMS)でも件名や添付ファイルが送信できるんだっ!」

と勘違いする方がおり混乱を招いているようです。

当然ソフトバンク以外の他社電話番号の方に添付ファイルを付けてSMSで送信しても相手側では受信できません。

【解決】553送信に失敗しました(13431) ショートメールが送信できない3つのエラー原因ショートメールを送信したときに、「553送信に失敗しました(13431) 」とエラー、これ 実は理由さえ分かればカンタンに解決できるんです。...

他社の端末にMMSで送信したいのならば〇〇@softbank.ne.jpから送信することとなり、電話番号宛にはできません。

メッセージアプリはEメールに特化したアプリの作りなっていないので、使い勝手が良くありません。

ソフトバンクのEメールを使いたいのであれば、iPhone標準メールアプリを使うEメール(i)が使い勝手が良くオススメです。

ただしこちらはMMSキャリアメール(〇〇@softbank.ne.jp)ではないので、
〇〇@i.softbank.jpでメールをすることとなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【2022夏】MNPでLINEMOへ!今ならキャンペーンで料金が実質無料最近脚光を浴びている「格安SIM」。LINEMOでおすすめのプランは3GBのプラン。どんな方にメリットが大きいのか、またデメリットは何なのかご一緒に確認してみましょう。...