節約ワザ

iPhoneをメルカリで高く売るためのコツと、売る前にするべきこと、10選!

iPhoneは新機種に機種変更するとき、今まで利用していたiPhoneをフリマに出品すると結構高く売れますよね。

ただ清掃したり初期化したりと、購入者のために気を使うことも多いもの。

それでも発送後に
「〇〇するの忘れた~!!」
なんてことも。

どうせ苦労するのなら少しでも高く売りたいと思いますよね。

この記事ではメルカリ等フリマでiPhoneを高く売るコツについて、通信業界に勤める私 セツパパが解説します。

高く売るための7選

まずは高く売るコツから。

iPhoneを探す(アクティベーションロック)をOFFにする

iPhoneには「アクティベーションロック」という機能があります。

これは盗難されたときにiPhoneを悪用されないようにするための機能。

もし間違ってアクティベーションロックをONのままiPhoneを渡してしまったとしましょう。

次の利用者はApple IDとそのパスワードを入れない限り、ホーム画面まで進めることはできません。

もちろんiPhoneを利用することもできません。

ではアクティベーションロックをOFFにするにはどうすればよいでしょう。

iPhoneを操作して初期化するとき、iCloudにサインインしていると、Apple IDのパスワードを求められます。

正しいパスワードを入れて進めばサインアウトされ、アクティベーションロックはOFFになるので心配ありません。

問題はiCloudから遠隔で初期化した場合です。

この機能は本来、紛失や盗難されたときに使うものです。

iPhone端末上での操作が手間だからとiCloudからの遠隔初期化を行うと、iPhoneはiCloudにApple IDでサインインしたままになります。

これだと次に使う方は、Apple IDとパスワードが分からず利用できません。

アクティベーションロックを解除していないことを説明せずに売ると、クレームになりかねません

心配な方はiCloudからサインアウトしてそれから初期化を行うとよいでしょう。

解除が終わっている方は必ずアクティベーションロックがOFFであることを書き添えましょう。

購入する方が安心します。

SIMフリー端末にする

docomo・au・ソフトバンク(通信キャリア)から購入している場合、iPhoneにSIMロックがかかっていることがあります。

SIMロックがかかっているiPhoneは、端末を販売した通信キャリア以外のSIMを受け付けません。

例えばdocomoから購入したiPhoneはdocomoのSIMでしか、電話やモバイルデータ通信ができません。

当然 購入者側から見れば、どの通信キャリアのSIMを入れても使えるiPhoneの方が、使い勝手が良く価値が高くなります。

SIMロックがかかっていた場合も購入した通信キャリアにて手続きすることでSIMフリーにできます。

通信契約を解約後は手続きが煩雑になったり、料金が発生するので、解約前に行うのがオススメです。

手続き方法は各通信キャリアのホームページか、電話等のサポート窓口で確認しましょう。

もちろんSIMロック解除してあるのであれば、その旨 説明欄に書き添えましょう。

箱や付属品を揃える・おまけをつける

iPhone購入時に同梱されていた物が残っているなら、iPhoneと一緒に販売しましょう。

iPhoneの機種にもよりますが、充電器やLightningケーブル・イヤホン・化粧箱・SIMピンこれらの物が付いていると購入者も揃えなくて済むので、販売価格が高くなる傾向にあります。

また、付属品ではなく、液晶保護シートやカバー・充電器やLightningケーブル等、おまけを付けると売れやすくなります。

せっかく同梱物やおまけを付けるのであれば、写真も撮って載せるようにすると目立ちます。

清掃する

写真を撮影する際は、窓側などのできれば太陽光の下で撮ります。

またiPhoneの画面には指紋が映りやすいので、メガネ拭きのような柔らかいもので拭くのが良いでしょう。

液晶保護シートに傷が見当たらない場合は、剥がさずそのままにして、貼付されたままであることを説明に載せます。

その方が画面に傷がないと購入者に思われます。

送料を販売者負担にする

送料は当然、販売者側負担にすると売れやすくなります。

また、画像にも目立つように入れると目立ちます。

販売する理由を書く

販売する理由がネガティブなものでなければ記載しましょう。

不具合やトラブルがなかったことを示すことになります。

例)

・新機種に変更のため販売します。

IMEIを記載する

IMEIとはiPhoneの製造番号のこと。

もしも出品されていたiPhoneが販売店での窃盗や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された場合や、本人確認書類偽造や申込書の記載内容に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話機だったとしましょう。

その場合、通信キャリアがその端末に「ネットワーク利用制限」行います。

「ネットワーク利用制限」とはIMEIをキャリア側で登録することにより、そのiPhoneで通話・通信の利用を制限する機能です。

「ネットワーク利用制限」がされた端末かどうかは、各通信キャリアの「ネットワーク利用制限確認ホームページ」でIMEIを入れると分かります。

そのため、販売者がIMEIを開示していると、ネットワーク利用制限されていないか、購入前に確認できるのです。

売る前にすべきこと3選

次はiPhoneがいつ売れても良いようにしておくと良いことです。

iCloudかiTunesでバックアップする

売れたiPhoneは初期化する前にバックアップしましょう。

iCloudのストレージ容量が残っているのなら良いのですが、足りないのであればパソコンを使ってiTunesでバックアップしましょう。

以前の記事
【解決】iPhoneのストレージ容量がおかしいときに減らす方法
にバックアップの方法を紹介しています。

iPhoneのストレージ容量がおかしい!
【解決】iPhoneのストレージ容量がおかしいときに減らす方法iPhoneを使っていて写真等大きなデータを大量に削除したのに、ストレージの空き容量が全然増えないことってありません?なにをやってもダメで、結論iTunesで復元することで解決しました。...

SIMを抜く

eSIMの場合は初期化でSIMデータも消えるので問題ないのですが、物理SIM(ほとんどの方はこちらですよね)利用だと、SIMカードを抜くのを忘れないように注意しましょう。

初期化する

発送する前に初期化は必須です。

端末上で操作を行えば前項にあるアクティベーションロックも解除できますので、実施しましょう。

まとめ

いかがだったでしょう。

意外に確認すべきことが多くて、1つぐらいは忘れそうですよね。

高く売るための7選

  • iPhoneを探す(アクティベーションロック)をOFFにする
  • SIMフリー端末にする
  • 箱や付属品を揃える・おまけをつける
  • 清掃する
  • 送料を販売者負担にする
  • 販売する理由を書く
  • IMEIを記載する

売る前にすべきこと3選

  • iCloudかiTunesでバックアップする
  • SIMを抜く
  • 初期化する

正直私 セツパパも忙しい状況だとなかなかメルカリに出品する準備が大変で、苦労してました。

最近はiPhoneの写真を撮って送るだけで査定して買い取ってくれるサービスがあります。

これだと画面割れしたiPhoneでも査定してくれるので、忙しい方にはオススメです。

写真だけで即日買取【フォトキャッシュ】

比較的新しいiPhoneでキズ等がないなら、手間はかかりますがメルカリの方が高くなるかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。