iPhone・スマホ

+(プラス)メッセージ アプリとは?【Androidスマホ編】

SMS(ショートメール)の進化系である「+(プラス)メッセージ」

今まではau・ドコモ・ソフトバンク 3社の利用者のみ利用可能でしたが、2021年よりついに格安SIM(3社のMVNO回線)でも利用できるようになりました。

+メッセージの良いところは電話番号だけでメールができて、文字数も多く、ファイルも添付可能、ショートメールのような通話料金もかかりません

ですがこの+メッセージアプリ、実は利用する各キャリアの回線によって、アプリの仕様が異なるのです。

今回は「+メッセージ」アプリと、基本的な使い方について、通信業界に勤める 私 セツパパが解説します。

+(プラス)メッセージ アプリとは

2018年より始まった「+(プラス)メッセージ」サービス。

au・ドコモ・ソフトバンクの大手3社の契約者のみだったのが、2021年9月より格安SIMと呼ばれるMVNO(←後で説明しますね)を利用している方も利用できるようになりました。

MVNOといえば有名なところですと「UQモバイル」や「Y!mobile」がありますが、他にも「OCNモバイルONE」「mineo」「nuroモバイル」等、たくさんの格安SIM提供会社があります。

その格安SIM利用者も、+メッセージが利用可能になったという訳です。

ドコモが提供する格安プラン「ahamo」や、auが提供する「povo2.0」、ソフトバンクが提供する「LINEMO」でも+メッセージは利用できます。

セツパパ

楽天モバイルだけは +メッセージに対応していないよ

クママ

今後も対応予定は発表されてないのね

MVNOとは?

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で格安スマホや格安SIMともいわれています。

携帯電話をつなぐための無線通信設備を持たず、au・ドコモ・ソフトバンクから借り受けてサービスを提供する事業者のことをいいます。

これに対しau・ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルのように自前で無線通信設備を持つ事業者をMNOとよびます。

+メッセージの良いところは電話番号を宛先にメールが送れて、パケット通信やWi-Fiで送信できるので通信料がかからないこと。

今までは通信キャリア3社間のみだったため利用しているユーザーは少ないようですが、今後は格安SIMにも開放され普及が期待されるサービスです。

今までのSMSと+メッセージを比較して表にするとこんな感じです。
たしかに機能としてはパワーアップしてますよね。


●+メッセージ と SMS(ショートメール)の比較

項目SMS(ショートメール)+メッセージ
宛先携帯 電話番号携帯 電話番号
アカウント・パスワード作成不要作成不要
最大文字数全角670文字/1通全角2,730文字/1通
写真・動画×〇(100MB)
スタンプ×○ 無料
ファイル添付×
グループメッセージ×
既読・未読確認×
料金3~33円(税込)/1通
※文字数・キャリアによって異なる
パケット通信料 (Wi-Fi利用可)

Android版は通信キャリアによって仕様が違う!

+メッセージアプリは大手通信キャリア3社が提供しており、Android版とiOS版があります。

iOS版の+メッセージアプリは3社とも仕様は同じで、+メッセージのための専用アプリとなっており3社で大きな違いは見受けられません。

しかしAndroid版に関しては3社でまったく同じ という訳ではありません。

まず3社共通のAndroid版の仕様として、+メッセージアプリではいままでのSMS(ショートメール)も送受信が可能です。

さらに+メッセージという新しいメールサービスも、このアプリ1つでできるのです。

セツパパ

Android版の+メッセージというアプリは「+メッセージ」もできるし、「SMS」もできるんだよ


さらにソフトバンクとY!モバイルの+メッセージアプリでは、上記に加えキャリアメールといわれるMMSメールも利用可能です。

クママ

ソフトバンクのキャリアメールといえばxxx@softbank.ne.jpのことね

●Android版+メッセージアプリの違い

a u
povo・UQモバイル・MVNO
ドコモ
ahamo・MVNO
ソフトバンク
Y!モバイル・LINEMO・MVNO
+メッセージ
S M S
キャリアメール(MMS)××
※ソフトバンク
Y!モバイルのみ可

またセルラーモデルのiPadではSMSが送受信できませんが、+メッセージなら利用可能です。

基本的な使い方

電話番号さえ分かれば送ることができるのは良いのですが、お互いに+メッセージアプリを利用していないと始まりません。

では相手が+メッセージを利用しているのか、否かはどうやって知るのでしょうか?

+メッセージアプリの初回起動時にSMSのみ利用するか、+メッセージも利用するか選択肢を選びます。

その際に+メッセージも利用する選択を選び、使用許諾に同意します。

+メッセージアプリを起動して連絡先を開きましょう。

連絡先に登録されている方の名前の右に(赤枠)

マークが付いている相手方が、+メッセージを利用している方となります。

逆に緑の枠のようにマークが何も付いていない方は、+メッセージでは送信できませんのでSMSで送信することになります。