iPhone・スマホ

楽天モバイルならAndroidスマホがおすすめ!な理由4選

私 セツパパも愛用している楽天モバイルの超絶お得プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

でも同じプランで利用してもiPhoneで使うかAndroidスマホで使うかで、利用方法や料金も変わってくるって知ってましたか?!

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」は利用の仕方にもよりますが、Androidスマホで利用する方が料金が安くなるのです。

その他にもAndroidスマホで利用する方が、iPhoneよりも使い勝手がよいサービスや機能もあります。

今回も通信業界に勤める私 セツパパがおすすめしている楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」を、さらにお得に使いこなすための技を伝授致します。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」とは

以前もこのブログでお伝えしましたが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」
他キャリアの複雑で難しい複数プランを覆す、唯一の1プランとはどんなプランでしょうか。

まずは特徴から。

  • ●Rakuten Linkアプリを利用すれば通話料は無料。

通信に関しては以下によって料金が変動する。

●1GB以下の場合:0円(1回線目のみ)

※2022年7月よりプラン内容が変更され0GB~3GBまでは1,078円になります


●1GBを超え3GB以下の場合:1,078円(税込)


●3GBを超え20GB以下の場合:2,178円(税込)


●20GBを超えた場合:3,278円(税込)

※20GB以降はデータ利用上限なしで利用可能

とにかく安いのが特徴で、1GB以下だった月は基本料金さえ発生しません。

auのpovo2.0も月額基本料金を0円にできますが、その場合は高速データ通信は月1GBもできません。(※キャンペーンやギガ活でもらうギガは除外してます)

楽天モバイルでは通話もアプリを使わなければいけませんが、国内通話料金は何分話しても無料!

こんなコスパの良い通信キャリア(会社)今まではありませんでした。

もちろん利用したいスマホもiPhone か Android で選択できます。

ですが実はまったく同じプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を利用しても、iPhoneとAndroidでは使い方や料金が違ってくるって知ってました?

Rakuten UN-LIMIT VI
楽天モバイル「UN-LIMIT VI」デュアルSIMでデメリットをメリットに!すべての人に最適なワンプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は 果たして本当か?レビューします。 節約パパ的 裏ワザな 使い方も披露!評判は?...
楽天モバイルがコスパ最強!固定回線代わりにPCでテザリング大手通信キャリアをテザリングを利用したときの料金で比較してみました。結論、楽天モバイルがコスパ一番としましたが、果たしておすすめできる環境の方や、その理由とは?...

1.Rakuten Link アプリで国内通話かけ放題

「Rakuten UN-LIMIT VI」のメリットの1つにスーパーコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を使って発信すると、国内通話がすべて無料になります。

このアプリもちろんAndroid OS版とiOS版があるのですが、利用方法がちょっと違います。

Android OS版「Rakuten Link」アプリでは誰から電話がかかってきても(着信しても)「Rakuten Link」アプリで着信でき、着信履歴からそのまま折り返しもできます。

しかし2021年7月5日以降iOS版「Rakuten Link」アプリでは、Rakuten Linkアプリを利用していない相手からの電話がかかってきた(着信する)場合、iOS標準の電話アプリに着信するようになってしまいました。

出典:楽天モバイル ※「Rakuten Link」同士はいままで通り、発着信ともに無料です。

このことによりiPhoneではiOS標準電話アプリで着信した履歴から わざわざ電話番号をコピーし、「Rakuten Link」アプリを起動して電話番号を貼り付け発信しないと無料通話にならないのです。

ついつい標準の電話アプリで折り返ししちゃいそうですよね。

Android OSではこんな手間はいらないので安心して使えます。

2.SMS(ショートメール)も無料!

「Rakuten Link」アプリではSMS(ショートメール)も送信が無料です。

相手がどこの通信キャリアであろうと、海外(指定66の国と地域)であろうと無料で送信できます。

しかし、iOS版では上記 2021年7月の「Rakuten Link」アプリの仕様変更に伴い、同じようにSMS(ショートメール)も仕様が変わりました。

Rakuten Linkアプリを利用していない相手とSMSの送受信をする場合、仕様変更後はiOS標準のメッセージアプリでしかSMS送受信できなくなりました。

出典:楽天モバイル ※「Rakuten Link」同士はいままで通り、送受信ともに無料です。

よってAndroid OS版ではRakuten Linkアプリを使って無料で送信できるSMS(ショートメール)が、iOS版ではRakuten Linkアプリが使えず、70文字3.3円の送信料金がかかってしまうのです。

1~70文字: 3円(税込3.3円)
71~134文字: 6円(税込6.6円)
135~201文字: 9円(税込9.9円)
202~268文字: 12円(税込13.2円)
269~335文字: 15円(税込16.5円)
336~402文字: 18円(税込19.8円)
403~469文字: 21円(税込23.1円)
470~536文字: 24円(税込26.4円)
537~603文字: 27円(税込29.7円)
604~670文字: 30円(税込33円)

au・ドコモ・ソフトバンク・ahamo・UQモバイル・Y!モバイル…では、例え「かけ放題」オプションに入っていてもSMSの送信料は無料になりません。

だからこそ楽天モバイルのサービスは希少なのですが、残念ながらAndroid OSだけになってしまいました。

しばらくはSMS送信が無料で利用できるのは、楽天モバイルのAndroid OS利用者だけになりそうです。

4.海外ローミング時の着信通話料も無料

最近はコロナ禍ということもあり、海外に出ることは少なくなりました。

海外に行ったとき、普段日本で利用している自分の携帯電話番号で発着信したり、データ通信を行うことを「海外ローミング」といいます。

この「海外ローミング」。

一般的に日本国内の通話割引プランやデータ通信使い放題に入っていても、海外利用分は割引が適用されず、高いデータ通信料金を払わなければいけません。

しかし楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」なら海外指定66の国と地域でなんと、データ通信が2GBまで無料

それに海外で通話するときは日本国内にいるときと違って、着信時にも通話料がかかるのが普通。

ですがこれも「Rakuten UN-LIMIT VI」なら「Rakuten Link」アプリで着信するので着信通話料も無料です。

ですが、これもAndroid OS版アプリのみになってしまいました。

iOS版の「Rakuten Link」アプリでは着信ができなくなったため、着信通話料金が他キャリアと同じように発生してしまうようになったのです。

海外に行くときは普段利用しているのがiPhoneなら、SIMを抜いてAndroid端末に入れた方が楽天モバイルユーザーはお得になりそうです。

なお、「Rakuten Link」アプリ同士なら海外ローミング中でも海外指定66の国と地域で通話料はかかりません。

海外に家族や友人と行くときは、お互い楽天モバイルのAndroid端末にして「Rakuten Link」アプリをインストールしていくとお得ですね。

3.YouTube Premiumが3ヶ月無料

出典:楽天モバイル

有料のYouTube Premiumに入ると良いところは、なんといっても広告がないこと。
それにYouTube Musicも利用できて8,000万曲以上が聴き放題になります。

YouTube ・YouTube Musicはスマホやパソコン・対応TVでも楽しめるので、普段の家族団らんやドライブ、旅行でも楽しめますよね。

でもウザい広告が定期的に入ると、ちょっと嫌ですよね。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」に契約すると、キャンペーンでYouTube Premiumが3ヶ月間無料になります。

ただし加入するGoogleアカウントでYouTube Premiumにまだ加入したことがないことが条件となります。

ですがこれも特典を受けるためには Androidスマホからの操作が必須です。

iPhone利用者は誰かからSIMフリー(もしくは楽天モバイル)のAndroidスマホを借りて、楽天モバイルSIMを入れて手続きすれば良いのですが。

■ YouTube Premium のお申し込み期間

2021年10月20日(水)9:00~終了日未定

ぜひ興味のあるかたは公式サイトでチェックして下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。