iPhone・スマホ

Androidスマホにできて iPhoneにできないこと5選!乗り換え前に違いをチェック!

どもども、セツパパです!

皆さん普段持ち歩いているスマホはAndroidですか、それともiPhoneでしょうか?

自分はケータイを2台持ちしておりまして、メイン端末をAndroidスマホ、サブにiPhone を利用しています。
以前はサブとメインが逆だったのですが、結局のところAndroidがメイン端末で落ち着きました。

「えー!?iPhoneをメインにしてないの?」
って声が聞こえてきそうですが、確かに高級ブランドイメージの強いiPhoneをサブにするなんて不思議に思う方も多いはず。
もちろんセツパパなりの理由があるのです。

この記事では長い間AndroidスマホとiPhone2台持ちで利用しているセツパパが、iPhoneが手放せないものの、Androidスマホの方をより愛用していている理由を公開しちゃいます。

Android-iPhone 間での機種変更をお考えの方はぜひ参考にして下さい。

※記事を書く際 改めて調べ直し間違いがないよう確認しましたが、もし間違い等見つけられましたらご一報いただけると幸いです。

その1.通話録音ができない!

スマホで話す女性

Androidスマホではosに搭載された通話録音機能や、無料のアプリを使い発着信時に自動で通話を録音できます。もちろん通話時の相手の声も残ります。

この機能があると通話を毎回自動で録音しておいてくれるので、車の中でメモが取れないときや、時間が経って忘れてしまった内容も聞き返して確認することができとても便利です。

子供がいてメモが取れないときもこれなら大丈夫。

しかしながらiPhoneでは基本的に通話録音はできません。ボイスメモを使い通話時に毎回録音を開始するのを忘れなければ残せますが、それも通話時の自分の声だけ相手の声は残りません

有料になりますが三者通話機能を利用して録音するという裏技?もあるようですが、料金がかかることと使い勝手がいまいちです。

iPhoneで通話録音ができないのは、おそらくセキュリティ上での配慮からなのでしょうが、自分のような必要なユーザーにとって利便性が損なわれているのは否めません。

その2.生体認証が顔(指紋)認証のみしかない

画面内 指紋センサー

iPhoneのロック解除方法はiPhone 8までがtouchIDといって指紋認証でしたが、iPhone XよりFaceIDといって顔認証に変わりました。

Androidでは機種によっては複数のロック解除方法に対応する機種も多くあり、セツパパは顔認証と画面内指紋認証(※上 写真参照)といって画面の一部を指でtouchして解除する両方に対応している機種を愛用しています。

車でカーホルダーにセットしている際は、画面をわざわざ自分の方に向けて顔認証で解除するのが手間なので指紋で解除したり、最近はマスクしていても指紋だとスムーズに解除が可能です。

逆に手袋をしていて指紋解除ができない時や普段手に持って利用する際は、スマホ画面を自分に向けるだけで顔認証でのロック解除ができ便利です。

とくに子供を抱えていたりすると、解除方法が複数ある方が超便利

残念ながらiPhone X以降の機種では顔認証しか対応しておらず、食事をしながらテーブルに置いて操作する際に、いちいち手に持って画面を顔に向けて認証解除する必要があり不便を感じます。

その3.ワンセグがない!

スマホを見るビジネスマン

Androidの一部の機種(ほとんど国内メーカー)ではワンセグでのテレビ視聴が可能です。普段あまり使う機会がない方も災害時にはやはり、情報の入手先として役に立つと思います。

ぜひおサイフケータイにも対応したようにワンセグにも対応すると嬉しいのですが、日本特有のサービスということもあり、グローバルな端末であるiPhoneが対応する可能性は今後も低そうです。

その4.Bluetoothでデータが柔軟にやり取りできない!

AirDrop

Androidスマホの場合は相手端末がAndroidスマホはもちろんのこと、ガラケーであろうと、WindowsPCであろうと互いにBluetoothが搭載されていれば、基本的にアドレス帳や写真データを複数一括でまとめて送受信が可能です。

ですがiPhoneの場合は、iPhoneとiPhone間であればAirDropというApple独自の機能を使って、アドレス帳や写真データのやり取りが1件づつできるのですが、AndroidスマホとiPhone間ではAirDropは利用できません。

せっかくiPhoneに搭載されているBluetooth機能では、AndroidスマホやPCで普通にできる データのやり取りができないのです。

最近は機種変更の際にGoogleアカウントでアドレス帳や写真等データ移行できますので、Bluetoothでデータ移行する機会は減ったようです。

しかしながら社用端末でGoogleアカウントを利用できない場合や、iPhoneからAndroidスマホに機種変更する際には、Googleアカウントではデータ移行が難しく(実はGoogleアカウントでできるのですが)、Bluetoothも利用できないため苦労する方がいるようです。

その5.DSDVで物理SIMが2枚使えない!

nanoSIMカード

DSDVスマホとは2つのSIMを1台のスマホで認識できる機種のことですが、iPhone X以降DSDVにはなったものの「物理SIM」+「eSIM」となっています。

eSIMとはなにかというと、今までのスマホは物理SIM(上 写真参照)といって1cm程度の抜き差しできるSIMカードタイプが主流でしたが、iPhone X以降が採用しているのは「物理SIM」+「物理SIM」ではなく片方が先進的な「eSIM」でした。

eSIMは内蔵されているのでQRコード等をよんで電話番号情報を登録します。物理SIMと違って店舗等で発行する手間はいらなく便利ではあるのですが、eSIMは現在2021年6月時点では3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)がサービス提供をしておらず一部のMVNOと言われる格安SIMを提供する会社と、楽天モバイル・Y!モバイルがやっと取り扱い開始をはじめたばかりです。

2021年10月追記: 3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)がeSIMサービス提供されました。

今後はeSIMになっていくとは思われますが、まだまだ対応している通信会社が少なくサービスが選びづらい状況です。
日本の状況としては端末機能が先を行き過ぎて、環境がまだ整っていないと言えるかもしれません。

その点、AndroidスマホはDSDV機種といえば「物理SIM」+「物理SIM」の機種が多く、通信会社もたくさんの中から選択して利用できます。

以前、投稿した [2021年6月更新] 1年使い倒した!楽天 モバイル の使い心地 と オススメできる人 にあるような使い方がiPhoneでは難しいのが現状です。

番外編

他にも細かいことを言っていくと、

  • SDカードが利用できない!
  • 端末や付属品の値段が高い

と、きりがない状態ですがそこはブランド力のあるAppleですので、今後もっともっと良くなっていくのでしょう。

なんだかんだ言って私 セツパパもAndroidスマホをメインにサブとしてiPhoneが手放せない一人ですので、完璧な端末はそうそうないのかも知れません。

最後までお読みいただきありがとうございました。